成都真皮斑治疗多少钱,真皮斑治疗费用,真皮斑治疗价格

成都华西黄褐斑医学研究院

治療メニュー

シミという疾患名は皮膚科学の教科書には出てきません。
顔にできる“炎症”や斑が、種類、性質、出来かた、濃さ、発生年齢に応じて細かく分類されていて、それらを総称して一般的にシミと呼んでいます。

大きく分けると5~9種類、細かく分けると20種類にもおよび、専門の医師でも診断に迷うことがあります。自己診はとても危険ですが、まず、おおまかなタイプを知り、知識を得ておくことは治療に先立ってとても有効です。

ここでは代表的なものを抜粋します。

老人性色素斑

老人性色素斑

老人性色素斑

年齢を重ねたときに最もできやすいシミで、一般的にシミと呼ばれているものは、この老人性色素斑である事が多いです。日光性色素斑や日光黒子と呼ばれたりもします。
原因は、日常的に繰り返し紫外線を浴びたりすることにより、皮膚のメラニン細胞が活性化して、過剰なメラニンを作るために起こります。
そのため、日光に当たりやすい頬、こめかみ、手の甲などに見られやすいものです。
年齢と共に数が増加し、色も濃くなり、放置すると皮膚が盛り上がってきて、脂漏性角化症になるケースもあります。
30~40歳前後で目立ち始めるのが一般的です。50代では8割前後の方に出現するようになります。

治療法 老人性色素斑の治療は、第一選択はレーザー治療(Qスイッチルビーレーザー/YAGレーザー/アレキサンドライトレーザー)になります。レーザーは1つの波長だけでできている光で、シミなどの色素細胞のみを選択して壊すことができるため、正常な皮膚へのダメージを最小限に、シミの色素だけを壊すことが出来ます。
Qスイッチレーザーでの治療によるダウンタイム(施術後、テープを貼る期間)が困難な方は、ライムライト、レーザートーニングで徐々に薄くしていく方法もあり、メソアクティスやケミカルピーリング、美白剤のイオン導入及び内服、外用などの併用で効果を高めることも出来ます。

雀卵斑

雀卵斑

雀卵斑

一般名は「そばかす」です。
鼻を中心に左右対称に散在する小さい色素斑のことをいいます。
鼻周辺、瞼の上や額、口周囲などが現れやすい部位ですが、背中胸元首肩手などにもできます。純粋にそばかすだけ発生しているという方は少なく、他のシミやアザと混在することが多いです。
学童期遺伝的に発生することが多く、日焼けや妊娠で悪化する場合があります。また季節により色が変化することも特徴で紫外線が強まる春から夏にかけては目立ちやすくなることがあります。

治療法 そばかすは症状が広範囲にわたるケースが多いため、一度に広い範囲への施術が可能でダウンタイムが少ないライムライトやレーザートーニングが選択されます。ライムライトやレーザートーニングでは消し切ることが出来ないものは、Qスイッチレーザー治療が選択されます。

肝斑

肝斑

肝斑

目の周囲を除いた頬の高い位置や額などに、左右対称で現れる、やや赤みを帯びた淡褐色のシミです。
「刺激による皮膚の炎症」「女性ホルモン」「紫外線」などいくつかの原因が関係しています。
そのため日焼けや妊娠で悪化する場合があります。
また皮膚への過剰な刺激やストレスなども悪化の原因の1つとされます。

治療法 肝斑の治療は、低出力レーザーによるレーザートーニングが第一選択となります。現在唯一肝斑に対して積極的に利用できるレーザー治療法です。
老人性色素斑などで用いるQスイッチレーザーによる治療は肝斑へは禁忌(やってはいけない事)とされています。通常のシミと違い、肝斑はメラニンを作るメラノサイトがちょっとした刺激で活性化しやすい状態になっているため、レーザーで治療を行うとむしろ悪化する可能性があるからです。
これに対し、レーザートーニングは、広範囲に低刺激なレーザーを均一に照射するため、メラノサイトを活性化させる余計な刺激を与えることなく、蓄積したメラニンを少しずつ減らしていくことが可能です。
以前から用いられている、トランサミン、シナールなどの内服薬やハイドロキノンのような美白効果のある外用薬、美白成分導入(イオン導入、メソアクティスなど)、ケミカルピーリングなどを併用するとより効果を高められます。

ADM

ADM

ADM

シミの中で、皮膚の深い位置にある真皮にできるのがADMです。
別名で後天性真皮メラノサイトーシスといい、頬の部分に左右対称に集まることが多いことや、大人になってから出現することから肝斑と間違いやすく、診断の難しいシミです。
医学的には「あざ」に分類されますので、レーザー治療でしか治りません。

治療法 深い真皮層にあるメラニンを破壊し、消す必要があるため、Qスイッチレーザーが第一選択となります。老人性色素斑やそばかす(雀卵斑)、肝斑と混在していることも多いため、それらの治療などを平行して行うこともあります。
1回では取りきれないことが殆どで数回のレーザー照射が必要になります。

シミの原因はいくつもある

シミが出来るメカニズム

分享:

相关推荐

评论